営業職は【加齢臭対策】も身だしなみの一つ

スポンサーリンク

仕事上、会社の男性陣は全て営業で外回りの仕事です。もちろん上司であっても外回り等でお客様宅訪問や人と会う機会がほとんどの中、身嗜みとして服装や髪型と同様に臭い対策は必要だと考えています。

 

夏場は外回り等で汗をかいたり汚れたりする事は理解できます。仕事ですから、そうでなかったら逆に仕事してるんですか?と思えてしまいますしある程度は想定の範囲内としています。

 

ただ、落ち着いた時にでも、汗拭きシートやデオドラント的な商品で拭ったり等の対策はできるはずです。
そのまま放置すれば、黴菌等も繁殖して余計に臭いとして出てきてしまいます。

 

少々汗臭いといった程度であれば別ですが、加齢臭や元々の体臭と混ざって、なんとも言えないこもるような臭いが漂い
社内の他の人もですが、なによりお客様に対しても不快感を与えていると思います。

 

もちろん、足の臭いも同様です。お客様宅にお邪魔する事もある仕事だからこそ、臭い全般的に気遣うべきだと思います。
自身の臭いは自分自身では気づきにくいと言いますが、それでもマナーや身嗜みとして、汗をかいたら拭う、服装や髪型を含めて整えるという事は営業職は特に必要である部分です。

 

更に、上司ともなれば、一般社員より更に気遣うべき事です。変な臭い消しのようなクリームを塗ってたりしますが、むせかえるような臭いですし虫よけスプレーのような臭いなので、喉が痛くなったりします。そういう商品に限って臭いがきつく、周囲に不快感を与えます。

 

今は臭い対策商品も男性用であっても、色々優しい香り等のものがあるので、もう少し気遣って使ってもらいたいと思います。